【アルスト】リリース情報や橋本Pによる詳しい説明、生放送の名…

c

 

グラフィックについて

スペックが古いスマートフォンでも
きれいなグラフィックが見れてプレイできる試みをしている。
例えばキャラクターのテクスチャーとかでもいうと
だいたい通常の倍の工数をかけて丁寧に書き込むことで
そんなにハードな高スペックではなくても
きれいなキャラクターが表示できるような取り組みをしている。

「テクスチャーとは?」
キャラクターを1つ作るのに時間を多くかけることで細かい所まで書き込む。
例えば影とかハードウェアの機能を使っているわけではなく
手で書き込んでいるので、キャラクターとかの
影がすごくきれいに見えたりするのは
根性でテクスチャーに時間をかけているからとのこと。
橋本Pはこのことを根性テクスチャーと呼んでいる。

 

NPCPCについて

オフラインになっている実際にいるプレイヤーを出す感じになっています。
一部名前がない人はプレイヤーの外見とか見た目情報が引っ張られて
物語の中でプレイヤーのゲームの中で別のプレイヤーが登場してくる。
これをNPCPCというシステムと呼んでいます。

要するに自分もしくは他の人が作成したキャラクターが
物語のエキストラなどに組み込まれるシステムが内蔵している。
オープンワールド以外で物語の中で「この人見たことある」
という形式が新たに生まれることになるとのこと。

 

アルケミアストーリーのテーマについて

「僕らと世界の生きる意味」
基本的にストーリーというのは
「人間とは何か?」とか「生きるとは何か?」とか
「世界で生きる意味」っていう言葉を使っているんで
「世界は何なの?」っていうところ
「ゲームファンタジー世界なんでこの世界はなんで成り立っているの?」
っていうところをテーマで問うていく。
プレイヤーのほうにだんだんそれを知っていく的な
ロードムービー的な物を制作しているつもりです。
ロードムービーとは「いろんな人と出会ってまた次の街へ行ってというもの」
そして最後は必ずハッピーエンドという形の物語を目指している。

 

リリースについて

橋本P「全体的なところとしてはゲームのほうは
ある程度完成の目途はもう立っておりまして
あとは本当にクオリティをとったりする調整っていうのと
各所いろんなところの調整っていうのがどうしてもありまして
それでリリースが保留になっているというかですね。
リリース待ち、もしくは最後のつめの段階という感じでして
いずれにせよ今年の夏というところの区切りに関しては
変わることはなくですね、僕らとしてもちょっとわからない状況でして
早ければ8月っていうのもある話ですし
遅いと秋分の日とかゲームショウの辺りになるかもしれないですし
はっきりちょっと言い切れない状況ではあるんですね。
ただそれぐらいの時期も現実的なところでいうと
それぐらいの時期っていうところターゲットでやっているという形になります。」

 

おまけ名シーン

ナガシマパイナポー「これはもうねクビをかけてでも戦ってやるからなー!」

マンゴー北川「ちょっとそこに関しては本気でいこう!」

ナガシマパイナポー「橋本Pも実はもうね出したくてうずうずしているんですよ!」

マンゴー北川「おい!言ったらあかんやつやんか!」

ナガシマパイナポー「言ったらあかんやつ言うよ今日は!」

マンゴー北川「言え!言え!言え!」

ナガシマパイナポー「でもね!上が止めてるんだよ!」

マンゴー北川「お前負けてるやん!w」

ナガシマパイナポー「だから俺は上の人に言いたい!」

ナガシマパイナポー「このネット番組のコメントを見てるか!上の人!」

ナガシマパイナポー「夏っていつまでなんだよ!
夏って夏の終わりって8月31日じゃないのか!
そこに出してくれよ!これ以上延期は嫌なんだ!
頼むから上の人!!!!届いて!!!!以上です」

橋本P「ありがとうございます。」

ナガシマパイナポー「このコメントもやっぱ伝えないと!
気づいてないんだ上の人は!」

マンゴー北川「気づいているよ。(苦笑)」

ナガシマパイナポー「気づいてねぇんだ!
なぁ頼むよ!利根川!利根川早く出してくれよ!
僕はキラなんかじゃない!信じてくれよ!!!
ふわあああああああああああああああ」

マンゴー北川「橋本Pは出したい側の人なんですよ。
アルストを皆さんに今の段階でもやらしてあげたいって
言ってる側の人なんです。」

ナガシマパイナポー「この声届かせよう!上の人に!」

マンゴー北川「誰に?」

ナガシマパイナポー「社長!」

マンゴー北川「やめろ!お前が来週いなくなってるかもしれないぞ!」

ナガシマパイナポー「いいよ!俺はもういなくなってもどうでもいい!
社長!早く出してくれ!!!終わりです。」

マンゴー北川「別に何もお前賭けてないやん。」

ナガシマパイナポー「クビになってもいいよ。」

マンゴー北川「いいの?社長それくらいの
覚悟でうちの相方はやってます。僕は待ちますけどね」

ナガシマパイナポー「おおおおおおおおおいいいいい!!!
・・・俺本当に消えてたら引くぜ?」

マンゴー北川「俺ちょっと笑ってもうたわ。」






関連記事

新着記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

インフォメーション

当サイトは
アソビモの配信スマホゲーム、アルケミアストーリー(アルスト)の攻略まとめ情報など、プレイヤーを助ける情報から、おもしろ情報ネタまで、幅広く発信するサイトです。
掲載画像や、掲載情報等に問題がある場合は、ご連絡ください。


TWITTER

スポンサードリンク